子供の悩み、ADHDアスペルガーなどの障がいについて

By Wilson Cham

注意欠陥多動性障がい(ADHD)は、通常のレベル以上の過剰な行動と破壊的な行動を起こす精神障がいです。

注意欠陥多動性障がいのある患者は、集中すること、じっと座っていること、注目すること、整えること、指示に従うこと、細部を記憶すること、または衝動調節することを実行するために一般的に困難を抱えています。

治療されていない注意欠陥多動性障がいのある患者が経験する合併症の一つは、患者が仲間の友人、家族、同僚たちとの関係によく問題があるということです。

児童の場合、注意欠陥多動性障がいは、学校生活の問題に最も関係が深いことです。

注意欠陥多動性障がいのある児童は、制御された教室環境に適応するために一般的に困難を経験し; 学習課題は、生産的な学習経験の代わりに困難な障がい物となります。

おそらく、これらの理由のために - 注意欠陥多動性障がいのすべての年齢層で発生する可能性が - 注意欠陥多動性障がいは、成人よりも子供でよりよく診断されます。

2006年に米国疾病管理予防センター(CDC)が実施した調査の結果、5歳から17歳までの米国の児童たち約4?6%の(合計で約450万人)が注意欠陥多動性障がいがあり、注意不足や、欠陥過剰行動障がい、米国で最も一般的な小児期障がいの一つであるという点が明らかになりました。

また、この調査によると、男児が女児よりも注意欠陥および多動性障がいと診断される可能性が2倍高いことが明らかになりました。

これらの児童の多くは、(50?70パーセント)成人になるまで、その症状を持ち続けているが、多くの子供たちが時間の経過とともに良くなります。

残念ながら、注意欠陥多動性障がいは診断が困難になることがあり、その病態を経験する多くの児童がわっぱ、問題児またはさらに悪くも、愚かか怠惰な子供に単にレッテルが貼られています。

しかし、注意欠陥多動性障がいは、実質的な中韓病態で、行動問題を言い訳して言い逃れするための手段がありません。

幸いなことに、早期診断と適切な治療を受ければ、注意欠陥多動性障がいのある児童がそのような病態が存在しない児童と同じように成功できます。



About...

This author published 3 posts in this site.

Share

FacebookTwitterEmailWindows LiveTechnoratiDeliciousDiggStumbleponMyspaceLikedin

Leave a comment