お灸の効能・灸やメンズエステでのマッサージベットの役割

By Wilson Cham

<灸は、細胞の動きを活発にする。>

例えば病気がなくても体が重く胸がいっぱいでなんだか元気がないときに灸をすると、全身の各組織の生体活動が活発になり、体が軽くなって気持ちよく生活できるようになる。

また、体の部分によっては、一旦破壊された組織を再生させることもでき、皮膚や粘膜の傷が早く癒したり、骨折が早くよくすることもある。

このように灸は、細胞の活動を活発にして、体全体に活力を与え病気の予防はもちろん、治療にも大きな助けになることがあります。

<血液の循環を良くする。>

血液は、心臓を中心にして、全身を回る。

肺を介して入ってきた酸素と胃から吸収された栄養分を各組織に必要なエネルギーを供給することもある。

また、必要としていない物質と炭酸ガスをそれぞれ排泄器官に送る。

したがって、血液の循環がよくできなければ、私たちの体のどこかに故障が生じのに灸はこの血液の循環に確実に影響を与える。

灸をすると、その部分に充血がされて血液が突入。どこかの血液がたまりあふれるところがあればその部位から遠く離れたところに灸をして、血液の循環を誘導することもできる。

心臓の動きにも灸が有効である。

心臓を成している筋肉、すなわち心筋の収縮力を高めて血液を力強く心の外に洗い流すことができるようである。

また、心臓から遠く離れた末梢部位の血管を拡張させて血液の循環を円滑にする作用もある。したがって、血液の循環が良くなくて手足が冷たくマッサージベッドに入っても楽ではないとか、頭がぼんやりして 気分が悪かったりめまいが出て目の前が真っ暗になる、長時間同じ体制で仕事をして血が足に集まってつらい場合に、症状に応じて適切な灸をすると、血液の循環が円滑になり、症状の回復が速くなる。

また、灸はリンパの流れを促進させる。

首、脇の下のリンパ節は体に害となる物質を防御して解読する桁のに灸をすると、 リンパ節まで毒をよく運ぶことになるのでスムーズに解毒作用をすることになる。 このように灸は、心臓に力を加えて、血液とリンパの流れを改善し、全身の循環を調節するため循環障害が原因で生じる様々な疾患に効果があることができる。

マッサージベッドで、灸をすると、血液の成分に変化を与える。

血液は、血管に流れる液体や大きく赤血球、白血球、血小板に見られるし、血球が血漿という液体に浮いているのを見ることができる。 血漿は様々な栄養素、ホルモン、免疫物質が含まれている。このような血液の成分について灸が何の影響を与える?

1.赤血球増加

灸を続けると、赤血球が著しく増加することが明らかになった。赤血球は、赤い色を帯びた円板状の細胞やその中の酸素と二酸化炭素を運搬するヘモグロビンを持っている。 赤血球は成人男性が1mm2中500万女性は450万個程度含まれている。

赤血球が増加することは、それだけ酸素を組織に多くを運ぶことができる能力が増えるということを意味する。 酸素が多く運搬されると、組織は、その分活動力が強くなり、健康にも促進され病気に対する抵抗力も大きくなる。 灸は、これらの赤血球を増加させることができますので、貧血の人や血が足りない人には非常に良い方法である。

2.白血球増加

白血球は、作用をすることで私たちの体に侵入してくる細菌と戦って、それらを殺す作用をする。特に、体のどこかに炎症が生じたときは、その場所に、まず最初に、白血球が集まる。 灸が白血球数を増加させる作用があるため、炎症などに効果のある作用をすると見なければならない。

沸騰末期がん患者の痛みに効果があることも灸の作用であり、扁桃腺結膜炎その他の軽い炎症にも灸が効果が大きいことができる。

3.止血作用

血液が空気に触れると固まる性質があり、これを凝固という。ところが灸をすると凝固する速度が少し速くなるという実験結果から灸が止血作用もすると見ることができる。

4.免疫作用

免疫とは、どのような種類の病気にかからない性質を持ったものをいう。 人は生まれる前から母親からの免疫物質を血液中に持っている、それだけでも予防接種をしていることになる。 灸をすると免疫物質が多くなるということが明らかになった。

5.血液の酸性化を防止

血液が中性または弱いアルカリ性でなければ、血液の機能を正常にすることができない。 血が酸性になるとすると、脳をはじめ、神経系の活動であり、骨組織などは、悪影響を受けて生命に関係することもある。 血液の酸性化傾向は、一般的に肉食に偏った人に多い。

灸は、このような血液の酸性化を防止する作用があり、ひいては体質を改善するのにも有用である。

<ホルモンの分泌の変化>

ホルモンは内分泌器官で作られるもので、私たちの体の機能を調節するための重要な分泌物である。

脳の下部に位置する下垂体では、人間が成長するのに関係するホルモンをはじめ、乳汁分泌、血圧調節、尿調節、子宮収縮などを促進させるホルモンを分泌する。 甲状腺は、代謝を促進し、上皮小体では、カルシウムの代謝を円滑にするホルモンを分泌する。

膵臓のランゲルハンス島では、党の代謝を調節して、副腎では、水分、塩分党代謝に関与し、体の抵抗力を育てるホルモンが分泌される。 これらのホルモンは、適量のみ分泌されると、体には何の影響を受けず、通常の機能を行うことができますが、一度分泌量が多くなったり少なくなると、それにより、いくつかの発生する。

近年増えてきた糖尿病は、膵臓のインシュリンホルモンの分泌が少なくなり、生じるのである。 これらのホルモンについて灸がどのように作用するかを動物実験などを行って、本結果はかなり効果的な影響があることが証明された。

特に灸は副腎ホルモンの分泌に効果がある。ウサギやモルモットの副腎の近くに灸をした結果、いくつかの刺激に対する抵抗力が強くなることが発見された。

いくつかの医学者は人の体にも灸をしてみると、尿中に副腎ホルモンの量が増加することを観察した。 また、糖尿病患者の腰に灸をして多くの効果を見ることができる臨床の専門家の事例も発表された。

このように灸はホルモンの分泌の調節作用を持っており、健康増進と病気に対する抵抗力 増加の効果があることが明らかとなった。

灸をはじめ整体やエステ・メンズエステなどは施術士の技量はもちろんなこと、マッサージベットの質は施術に大きく慣用するお思います。 気持ちよく、リラックスした時間を過ごす為にも、施術者の質にこだわった求人をしている鍼灸やメンズエステ、質にこだわった器具を揃えているお店を利用することがオススメです!!



About...

This author published 3 posts in this site.

Share

FacebookTwitterEmailWindows LiveTechnoratiDeliciousDiggStumbleponMyspaceLikedin

Leave a comment