茅ヶ崎市で美容師のアルバイトをしだした友人

By Wilson Cham

私の地元の友人で、サーフィンが大好きな人がいます。
その女性とは私が地元でバーテンダーとして働いていたときに知り合った人で、私自身も大のサーフィン好きということからすぐに意気投合しました。
私たちが住んでいる地元というのは、海に向かうのに片道2時間はかかってしまいます。
そんな面倒がもうこりごりだ、ということで彼女は知り合いのつてで神奈川県の茅ヶ崎市でアルバイト先を見つけ、いきなり一人で移住してしまったのです。



私は彼女の行動力に、とにかく感心してしまいました。
もともと彼女の職業は美容師をやっていて腕も良かったので茅ヶ崎市に住む知り合いが、アルバイトなら雇ってもいいよ、ということになったようです。
住まいもその働く先のオーナーが、使っていない部屋を貸してあげるということでとんとん拍子に話が決まってしまい、後は身の回りの少しの荷物と彼女の愛用のサーフボードを車に積んで向かうだけとなりました。
本当に男勝りな女性なのです。



彼女が茅ヶ崎市で美容師のアルバイトを始めて半年ほどたったある日、私は彼女に会いに茅ヶ崎市に行ったのでした。
会いに行くといっても半分は、自分もサーフボードを持って行きサーフィンを楽しもうという目的だったのですが。
半年ぶりに会った彼女は、地元にいたころよりもさらに日焼けをして、たくましくなっている感じでした。
一緒に茅ヶ崎市付近のサーフポイントに入り彼女は、明日もアルバイトがあるから、と言ってさっさと別れてしまいましたが楽しいサーフトリップの思い出でした。



About...

This author published 3 posts in this site.

Share

FacebookTwitterEmailWindows LiveTechnoratiDeliciousDiggStumbleponMyspaceLikedin

Leave a comment