アートメイクの価値観

By Wilson Cham

メイクが芸術になる。

アートメイクにはさまざまな種類があるといえます。

アートメイク技術についても同じことが言えると思います。

アートメイクだけではなく路上などにアートをしているものもあります。

芸術は日々進化しているのです。

そんななかのひとつのアートメイクについて詳しく考えていこうと思って書き込みます。

種類ですが、まずモンスターなどにメイクするタイプ。

これはお化け屋敷などによく使われるメイクだと思います。

もうひとつは、肌などに直接書くようなメイクなど、体にさまざまな模様をメイクします。

ほかにもアートメイクには種類がありますがちょっと多くて書ききれそうにないと思うので割愛させてもらいます。

アートとは少し違うかもしれませんが日本の刺青なども立派なメイクだと私は考えます。

要するにタトゥーなんかと同じです。

二つとも肌に書くタイプのメイクかと思います。

刺青の場合、ちょっと特殊な方法を使っていますので、ただのメイクではないです。

ちょっとあいまいな考えですが、今回は、アートメイクについていろいろ考えを書くことに重きをおきたかったので、話題からそれてしまったきらいもあります。

アートということとメイクということで、二つともたくさんの価値観の元作られるものなので、結局たくさんの方法があると書いて終わりになってしまいそうです。

しかし、それも皆さんにアートメイクについてもっと知る機会があればと思ってのことなので、わかってもらえるとありがたいです。



About...

This author published 3 posts in this site.

Share

FacebookTwitterEmailWindows LiveTechnoratiDeliciousDiggStumbleponMyspaceLikedin

Leave a comment